肋骨を出さないようにすると、健康でセクシーさをアピールできる

今回は変わったポーズがあってわかりやすいので、肋骨の使い方をご説明しましょう。

 

浅川梨奈グラビア

浅川梨奈グラビア

画像引用:光文社FLASH 2018年9月8日号 浅川梨奈グラビア
「君といるから。ここは天国に一番近い島」
※クリックで拡大

 

なにげない寝そべったポーズですが、ソファのようなものによりかかっています。
そのため、上半身の位置が前にでてしまっています。
※あくまで骨格の姿勢の話です。

これをわかりやすく、タテにしてみます。

浅川梨奈グラビア

するとこの矢印の部分が出っ張っているのがわかります。
これは肋骨です。

ちなみに別ページでギリギリ近いのは、このカット。
上半身と下半身の位置がまっすぐなら、肋骨はでません。
肋骨が出てる人ではない、ということです。

浅川梨奈グラビア

肋骨(ろっこつ)

肋骨が出ていると、なにが問題なのでしょうか。

ズバリ! セクシー度が下がります。

理由は、おっぱいが小さく見えるからです。

バストの土台である肋骨(アンダーバスト)が前にでているということは、バストトップが下がります。
肋骨が張ることで、乳房周りの脂肪が体のよこに流れてしまうからですね。

 

そのため、バストトップのとの差が無くなり、カップが小さくなるからです。

別のたとえを出すならば、胸を寄せる時には胸は張らないでしょう。
寄せてあげるときには、前かがみになりますよね。
まぁ私に体験があるわけじゃありませんけど。

 

逆にいうと、肋骨がでている=胸を前に出しすぎている。
普段の生活で肋骨がでてしまうなら、たぶんそりすぎです。

この場合、腰椎の前わんが強くて腰痛の原因にもなります。
美しくあると腰痛も遠ざけるわけですから、こころがけ損はないでしょう。

余談なのですが、自分用に備忘録としてメモしておきます。
肋骨=「あばら骨」の最下部のこと、胸とお腹の境目を「季肋部(きろくぶ)」と言うそうです。以上。
まぁ痛みや違和感があるなら、セクシーどうのじゃなくて病院にいきましょう。

 

肋骨の骨格と筋肉

骨格もでるで、肋骨まわりの筋肉の関係をチェックしてみましょう。

肋骨の骨格と筋肉
※クリックで拡大

ちなみにこの骨格と筋肉は、同一フィギュアから分離したものです。
この骨格の上に筋肉がのっています。

骨格では、肋骨がボディのトップにあるのがわかります。
でも筋肉では、バストトップがボディのトップです。

 

実際にはこれに脂肪がプラスされます。
この場合の脂肪の意味は、栄養が豊富で健康状態がよいことを意味します。

今どきはあり得ないでしょうが、栄養が不足していれば筋肉も脂肪もつきません。

つまり、バストトップがボディのトップであることは、健康状態がよいということを表すわけですね。

 

まとめ

  • 姿勢が悪いと肋骨がでてしまう
  • 肋骨がでると、バストがキレイにでない
  • 姿勢をよくすると肋骨の位置も好くなり、セクシーな体型になる

ちょっとした姿勢が、大きな魅力をアピールすることになるのです。